1. ホーム
  2. シャンプー
  3. ≫髪様シャンプーとは、そもそもどんな方法?

髪様シャンプーとは、そもそもどんな方法?

ダウンタウンの100秒アカデミーやナインティナインの世の中の気になるヒト徹底捜査で話題になった髪様シャンプー。
もう絶対に悩みたくない薄毛というコーナーで紹介されていました。
育毛博士といて登場したのが、板羽忠徳さん。

薬品を使わずに毛を生やすシャンプーの方法、それが髪様シャンプーです。
番組内では通常55本が、ゴシゴシあらいをすると200本近く抜けてしまうと解説されていました。

実際、テレビで抜け毛の本数を数えていましたが、ゴシゴシした程度で抜ける毛は、例え髪様シャンプーで抜け毛を減らせたとしても、それ以外の場面、例えば枕元などで抜けているのではないかと考えたりします。

スポンサーリンク

髪様シャンプーとはそもそも何?

髪様シャンプー

普段多くの方がやっているゴシゴシ頭皮を擦る方法ではなく、頭皮だけを動かすシャンプーマッサージ法が髪様シャンプーです。
擦らないことで抜け毛を減らすということにフォーカスしていますが、本当に200本抜けていたのを5,60本に出来たなら、すぐに毛がフサフサになるはずですが、そうはなりません。
結局、シャンプー中は抜け毛が減りますが、結局どこかで抜けているのです。

では、効果はないのかというと、育毛効果は絶大だと思います。
それは頭皮環境をよくする効果があるからです。

まず擦らないことで、頭皮を傷つけません。
顔の肌を想像してください。ゴシゴシこすらないですよね。
頭皮も顔の肌と同じ肌でデリケートなものなのです。

髪の毛を引っ張る、特に薄毛で細い髪の毛は引っ張られて抜けてしまいます。
頭皮だけを動かすことで、マッサージ効果があり、血行促進効果もあります。
さらに、毛穴が開いたり閉じたりしますので、毛穴の汚れもゴシゴシ洗いをするよりもきれいに落とせます。

髪様シャンプーの方法

もう絶対に悩みたくない薄毛コーナーで紹介されたのは、U字薄毛、てっぺん薄毛、M字薄毛の方の方法でした。

uom薄毛
    • U字薄毛(C字薄毛ともいいます)

親指と人差し指を引っ付けて、2本一緒になって額の生え際から頭頂部へ動かす。

ujikumite230

なるべく指を立てて、その状態で頭皮を動かすと説明されていました。
指の腹と爪の間(パソコンのキーボードを打つところ)ぐらいで行うと頭皮だけを動かす、実際は掴むのですが、やりやすくなります。
ただし、爪を立てないようにしなければなりません。

少しずつ真ん中に寄せ集めるように動かします。
頭皮を上に引き上げるのです。
外回りや内回りとグルグル回しながら、例えば、6回グルグル回し、上部に引き上げた状態で3~5秒止める。そして、少し場所をずらして、また6回回転マッサージをするという繰り返しをします。
※頭皮にある経絡を刺激すると血液の循環を良くする効果があります。

    • てっぺん薄毛(O型薄毛)

女性に多い頭頂部が薄くなるてっぺん・O型薄毛です。

ousuge230

指を組んで、頭頂部に手を当てて頭皮を動かします。
手のひらで、絶対擦らない、滑らさないように、頭皮全体を動かします。
これも、場所を変えながら、頭皮を上部に引き上げ、3~5秒止めておきます。
※百会というツボを刺激する事で、身体全体も活性化されます。

    • M字薄毛

生え際の剃りこみ部分が後退していくM字薄毛です。
額の生え際は頭皮で一番硬直していて、突っ張っていますので十分にもみほぐして緩和させることが大切です。
生え際M字の育毛効果が出にくい原因の一つに頭皮が硬いということもあります。

生え際で円を描くように動かします。これも上部に頭皮を引き上げるイメージで行います。

mjiusu230

3本指(人差し指・中指・薬指)で内回しや外回しを両方一緒に、滑らさないように、なるべく指を立てぎみにして行います。
板羽さんの解説は、ここでも指を立ててということですが、前述のパソコンのキーボードを打つところでマッサージしてみてください。

なお、この3本指(人差し指・中指・薬指)での方法はイカの組手と命名されていますので、後述いたします。

髪様シャンプーの組手とは

  • イカの組手
ikakumi230

前述のM字薄毛の方のための生え際部分で人差し指、中指、薬指の3本で頭皮だけを動かす方法です。
私は、小指を使った4本指の方が頭皮を大きく動かすことができるので、4本指でもやってみてください。
内回りや外回り交互に回転、引き上げてマッサージします。

  • 人手の組手
hitode230

5本指を立てて頭皮を掴みます。
これは耳の上などの側頭部から頭頂部で行います。

人手の組手

まず最初は、耳の前のもみあげ部分から6回転上に引き上げ3~5秒止めるという方法で徐々に上に移動します。頭の中心部まだ行ったら、今度は耳の上から、また上部まで人手の組手でマッサージします。

  • カニの組手

これは後頭部や首周辺で行う組手です。

kanikumite230

画像のように手のひらの上に、手を乗せた状態から、人差し指と親指を使います。
非常に有効なツボ、天柱や風池もマッサージしますので、リラックス効果、血行促進効果が期待できます。
首から徐々に上にあがり、後頭部・渦まで回転しながらマッサージします。

カニの組手後頭部

このカニの組手は、M字薄毛の方の生え際や頭頂部でも使える万能組手ですので、是非試してみてください。

  • イソギンチャクの組手

これは、テレビでは紹介されていませんが、この組手が一番頭皮を擦らず、頭皮だけを動かせる組手かもしれません。

isoginkumite230

画像のように指と指を絡ませて頭皮をもみます。
これは私的には最も頭皮を掴みやすい組手です。

髪様シャンプーに使うシャンプーおすすめは?

今使っているシャンプーは大丈夫でしょうかという質問もよく頂きます。

ゴシゴシ洗わない、頭皮だけを動かすマッサージ法に適したシャンプーとは?

まず、ノンシリコンアミノ酸系シャンプーというのは基本です。
その中で固めのクリーミーな泡質が適しています。

皆さん、ご存知のスカルプDは泡質は軽めです。
泡立ちはすこぶるいいのですが、泡質が軽いというだけでなく、マッサージ中にキシミを感じるほどの洗浄力で、髪を引っ張る可能性もあり、あまりおススメしません。

また、ブラックシャンプーなんかも人気になっていますが、これも少し泡質は軽めです。
悪くはないのですが、頭皮だけを動かすには指と頭皮の間に膜ができて保護してくれるようなクリーミーな泡がいいのです。

色々なシャンプーを使用しましたが、最も適しているのはウーマシャンプーだと思います。

ウーマシャンプー

馬油シャンプーの中でも人気NO.1を誇るシャンプーです。
固めの泡が、非常に頭皮を揉む時に動かしやすいのです。
もちろん、管理人も使っています。

ニオイもなく、リンスがなくても洗い上がりがサラサラしています。
現在、以前よりも半分のハーフサイズ(150ml)が、1,990円と買いやすくなっています。
1ヶ月分と公式ページには書かれていますが、男性なら2ヶ月は持つと思います。

髪様シャンプーは、頭皮だけを動かすマッサージ法です。泡質が軽いと頭皮を擦ってしまい、逆に傷つけてしまいます。
例え、ゴシゴシ洗いをしたとしても、クリーミィーで頭皮に優しいウーマはオススメです。

ウーマシャンプー公式サイトにリンク
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

すすぎが大切

シャンプーすすぎ

髪様シャンプーでせっかく頭皮が柔らかくなったり、毛穴の汚れを浮き上がらせても、さいごの洗い流し、すすぎが不十分だと全てが意味がなくなります。
どんなに優しい成分配合されているアミノ酸系ノンシリコンであっても、洗浄剤が必ず入っています。ですので、洗い残しは頭皮に負担をかけることになるのです。

あまり、すすぎについては解説されていませんでした。

十分なすすぎ洗いをするということですが、今までよりも長めにすすぎ洗いすることをお薦めします。
自分がこれで十分だと思うよりももう少し長く流します。
意外に洗い残しをしてしまいがちなので、注意が必要です。

ここでも、あまり頭皮を擦らないように、出来れば5本指で揉み込むようにしてシャワーを当てるのもいいと思います。
しかし、ここではかーるく、頭皮を撫ぜるようにこすりながらすすいでも大丈夫です。

以上が髪様シャンプーの方法ですが、要は擦らずに頭皮だけを動かしてマッサージシャンプーをすることです。毛穴の汚れも取れますが、血行促進効果も非常に高い方法です。
頭皮には数多くのツボがあります。特に生え際の毛細血管が細いところまで、血行を良くするには、後頭部から百会のツボを刺激することが有効です。

中々時間がかかることですが、毎日のケアが大切ですので、短縮でもいいから是非継続しましょう。

スポンサーリンク

シェアをお願いします。


コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。