1. ホーム
  2. 女性用育毛剤
  3. ≫リジュンの口コミと効果を実際に使って検証しました

リジュンの口コミと効果を実際に使って検証しました

リジュン(RiJUN)育毛剤

女性であれば、いくつになっても美しくあり続けたいと願うのは当然のことでしょう。しかし、年齢を重ねるにつれ、体内のめぐりは停滞し、女性らしさをアップさせるホルモンの分泌も減少していくのは仕方のないところ。

髪の毛にハリ・コシがなくなり、セットもなかなかうまくいかないとお困りの女性も多く、ふんわりとボリュームのある艶やかな髪の毛を目指したいですよね。

女性専用の育毛剤が増えてきた中、高い成分伝達力で話題のフルボ酸と次世代ヘアケア成分のリデンシルを配合されたリジュン(RiJUN)が発売され注目されています。

ここでは、生え際から頭頂部にかけての分け目が透けてみえるようになったマミさんが実際にリジュンを購入して使った検証レポートを中心に掲載しています。

今まで男女兼用の育毛剤を使ったことがありますが、女性専用というのははじめてのマミさん。リジュン育毛剤を使った使用感や髪にどんな効果があったのを書いています。

最近の女性は30代、40代から薄毛、抜け毛、髪のボリュームダウンに悩んでいる方が増えてきました。適切なヘアケアを探していた方は、ぜひ参考にしてくださいね。

リジュン(RiJUN)女性用育毛剤の特徴は?

リジュンの内包物

高い成分伝達力を持つフルボ酸(特許出願中)配合

注目の成分フルボ酸
フルボ酸は、浸透力を底上げする、大自然から取り出された新たなスカルプケア成分。フルボ酸は数多の物質の中でも「キレート力」がとても強く、吸収されにくい成分をキレート効果で吸収しやすくします。

リジュンは様々な成分を72種類もたっぷりと配合していますが、このフルボ酸があることで、どのような年齢層でも、ヘアケア成分の浸透力アップが期待できます。
※キレート効果とは、有機物(フルボ酸)と金属を安定的に結合させ、植物や生物の中に取り込みやすくする働きのことで、その力がキレート力と言われています。


次世代ヘアケア成分リデンシルを配合

リデンシルの働き
リデンシルは、DHQG(成分表示:セイヨウアカマツ球果エキス)、EGCG2(成分表示:チャ葉エキス)、グリシン、亜鉛から構成される成分。頭皮のバルジ領域の中にある髪の元になる幹細胞を刺激し、毛乳頭を活性化させるヘアケア業界注目の次世代新成分です。

2014年に発表された成分で、世界最大級の化粧品原料・技術の展示会である「in-cosmetics」において銀賞を得たことで有名になりました。

EGCG2を配合することで、炎症をつくり出すインターロイキン-8(IL-8)を抑制して頭皮環境を改善し、DHQGによる発毛幹細胞の活性化を助けることができるのです。


ヘアケア成分のナノ化と8つの無添加

厳選スカルプ成分
毛髪が育まれていく環境を整えるリンゴ果実培養細胞エキス、髪の毛の艶にアプローチしていくマタタビ抽出液、髪の毛を保護し補修していくリムベール、ハリ・コシを与える甘草エキス、美容力アップが期待できる濃縮葛根イソフラボンなど、様々な成分を72種類もたっぷりと配合。これらが、フルボ酸のチカラで、ぐんぐん頭皮、そして髪の毛に浸透していきます。

頭皮は汚れや刺激を受けやすく、髪の毛も日々紫外線にさらされるなど、ダメージの蓄積が起こっています。そんな頭皮と髪の毛にも優しい作りにこだわり、リジュンでは合成香料、合成着色料、鉱物油、パラベン、紫外線吸収剤、シリコン、ホルモン、ラノリンの8つを徹底にカットしています。しかも、パッチテスト済みなので、肌の敏感な方でも安心して使うことができます。国内の厳しい品質管理のもと、製造されているので、こちらも安心できるポイントですね。

商品の概要

販売名 リジュン(RiJUN)女性専用スカルプエッセンス
発売元 株式会社ミスミ製薬
内容量 100ml
使用量目安 1ヶ月
通常価格 5,960円(税抜)送料640円
定期コース 初回2,980円(税抜)送料無料/1回での休止・中止OK
2回目より4,980円(税抜)送料無料
3ヶ月ごと3本セット定期コース 11,440円(税抜)送料無料/1回での休止・中止OK
90日間全額返金保証付き
1日あたりコスパ 税込約166円(定期コースの場合)
返金保証 あり/90日間
総合評価 丸4個

【全成分表示:詳細は公式サイトで確認下さい。】

【主な成分】
プロパンジオール、ペンチレングリコール、グリセリン、PEG-40水添ヒマシ油、リンゴ果実培養細胞エキス、コメ胚芽油、ヘーゼルナッツ油、セイヨウカマツカ球果エキスフルボ酸チャ葉エキス、グリシン、塩化亜鉛

リジュンは医薬部外品ではなく化粧品扱い

リジュンには、グリチルリチン酸2K、パンテノール(パントテニルエチルエーテル)、センブリエキス、ジフェンヒドラミンHCIといった効能効果が厚生労働省から認可された成分が配合されています。ですが、医薬部外品の申請はせず、化粧品分類で発売されています。

おそらくですが、医薬部外品として認可を受けるには、今の成分の含有量を変更しなければならないのではと思います。医薬部外品の認可を取らないのは、頭皮に刺激を与える恐れがあるからかもしれません。敏感肌も多い女性にも安心して使える成分配合量なのでしょう。

▼女性のためのスカルプエッセンスRiJUNの詳細!▼

リジュン(RiJUN)公式サイトはこちら

女性用スカルプエッセンスRiJUN(リジュン)が送ってきました

リジュンが送ってきました。箱の中には、リジュン本体や購入のお礼、パンフレット、スカルプケアのヒント、使い方ガイドなどが入っています。

販売元の株式会社ミスミ製薬には毛髪診断士の資格を持つスタッフが常駐していて、髪の悩みから生活環境についてのアドバイスが受けられるそうですね。

また、全額返金保証の案内も入っていて、返金方法が詳しく書かれていました。それにしても90日間の返金保証って、随分長い期間ですね。

スカルプケアのヒントには、女性の薄毛の2大理由が書かれています。

女性ホルモンの減少

年齢とともに女性ホルモンが減少することで男性ホルモンの影響が強まります。
AGA(男性型脱毛症)と同じような、ヘアサイクルによる成長期が短くなって薄毛が進行します。最近では、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれています。


頭皮のコラーゲンへのダメージ

最近言われるようになった薄毛の原因で、コラーゲンに注目した育毛剤も発売されるようになっています。

加齢とともに毛包のDNAへのダメージが蓄積され、細胞の維持に必要なコラーゲンが分解されていきます。毛包の細胞が失われることで、徐々に毛包が小さくなっていくのです。つまり、毛包の細胞の老化により、男女関係なく細毛・薄毛になっていくと考えられるのです。


そんな女性の薄毛の2大原因に対抗するために、作られたのがフルボ酸、リデンシルを始めとするスカルプケア成分配合のリジュンなんですね。

リジュンの正しい使い方について

リジュンの正しい使い方
育毛剤の使い方は、基本的に頭皮全体に付けるということなのですが、初めて使う方や今まで間違った付け方をしている方も多く見受けられます。そのため、配布されている説明文に載っている「リジュンの正しい使い方」を交えて解説しますね。

使い方ステップ1と2

指の先を使って髪をかき分けてからリジュンを塗布します。結構、適当に髪の上からスプレーする方が多いのですが、頭皮にダイレクトに付けるようにしなければなりません。毎日のことで面倒かもしれませんが、リジュンのスカルプケア成分をしっかり頭皮の奥まで届けさせるためにも、塗布するごとに髪をかき分けましょう。

チェック

1回の使用量の目安は14プッシュとなっています。前髪の生え際からつけて、頭頂部はセンターから分けて左右を分けてというように小分けにして付けます。

全体に馴染ませマッサージ

後頭部や側頭部にも塗布してから指で頭皮全体を馴染ませます。その後、頭皮を持ち上げるようにマッサージを2分程度行います。指の腹を使ってマッサージする場合は、頭皮だけを動かすようにします。頭皮を擦ってしまうと傷めてしまいますので、慣れないうちは手の平ので頭皮を包むように押し当て、頭皮だけを上に持ち上げる方法が良いでしょう。

リジュン(RiJUN)を実際に使って気付いたこと

リジュン塗布

リジュンは容量100ml。育毛剤の中には80mlという容量もあって、使い方に気をつけないと1ヶ月持たないものもありますが、リジュンの容量なら安心して付けられますね。最初に1ヶ月は気にせず、たっぷり目で付けたのですが、それでも丁度1ヶ月でなくなりました。

シャンプー後、タオルドライで十分に水分を取ってから、前髪の生え際から頭頂部、後頭部と髪をかき分けながら付けてみました。

リジュンはスプレータイプになっていて、強くワンプッシュすると勢いよく噴射しますので、少し弱めにプッシュしたほうが良いかなというのが印象です。軽いプッシュなので、説明書に書かれている14プッシュよりは多くなりますが、1ヶ月で足らなくなるということはありません。

ベタつきはなく、化粧水のような保湿力はあります。また、液体は垂れにくく非常によく伸びるので、頭皮全体に馴染みやすいのは良いですね。

少しパリパリ・ねっとり感のある女性用の育毛剤もある中、本当に美容液のようにサラサラしていて、乾くとふんわりボリュームが出やすくなりました。

刺激はあるの?

リジュンを塗布後、気になる部分を中心にマッサージをしました。低刺激ということから予想はしていましたが、頭皮がスースーしたり、カーっと熱くなったりの刺激は全くありません。ただ、5分ほど経った頃でしょうか。頭皮がポカポカして少し温かくなってきます。

シャンプー後すぐに付けた後に感じる感触ですが、じんわりと浸透していってるのかなとも思います。
頭皮がポカポカして気持ちが良いですよ。

ニオイ・香りは?

朝と夜の1日2回付けるのが基本ですが、気になるのが香りですよね。

手についたリジュンの液体を鼻に近づけて嗅ぐと、何か天然成分の香りがしますが、ニオイはほとんどないと言っていいでしょう。

女性用の育毛剤の中には甘い香りがするものもありますが、リジュンは驚くほど無臭に近いです。人に変なニオイがするなんて思われることはまずなく、朝でも安心して付けることができます。

▼厳選スカルプ成分配合リジュンの詳細▼

リジュン公式サイトはこちら

リジュンの初期効果は髪のボリュームアップ?

リジュンは、女性用の育毛剤というだけあって、敏感肌の私でもカユミやフケが出るなどもなく安心して続けることができています。

ヘアサイクルのこともありますので、すぐに効果が現れることはないでしょうが、季節的なこともあり、抜け毛が増えたりする場合もあります。私の場合は、抜け毛の量はいつもと変わりませんでした。どちらにしろ、1ヶ月や2ヶ月での髪の変化を気にすることはありませんが、それでも早い段階で効果を求める方が多いのですよね。

リジュンは保湿力と浸透力に優れているので、2週間ほど経過したころから、頭皮と髪の潤いは感じました。

1ヶ月ぐらいで、髪の根元ハリに違いを感じるようになりました。
頭頂部の髪がペターンとなって、朝のセットが大変だったのが、フンワリとボリュームが出やすくなったような気がしています。

頭頂部のボリュームダウンに悩んでいた私にとっては、嬉しい変化ですので、これからも続けてリジュンを付けようと思います。

女性専用の育毛剤と男女兼用の育毛剤との違いは?

育毛剤というと男性のものがほとんどでしたが、男女兼用という育毛剤も増えてきています。
男女兼用と書かれていたので使ってみたけど、刺激がキツくて、とても敏感肌の女性には合わないなと思うものもありました。
成分表を見ても、男性型脱毛症の原因の5αリダクターゼを阻害する成分や刺激の強い成分が入っていたりして、女性には不必要で悪影響になりかねない育毛剤もあります。もちろん、女性の薄毛にも有効な成分は入っているとはいえ、逆効果になりかねないともかぎりません。

リジュンを使ってみて、特に思ったのは、女性は女性専用の育毛剤・スカルプエッセンスを使うべきだなということです。そもそも男女兼用というのは無理があるのかなとも思いました。

リジュンは、女性の薄毛の2大理由、女性ホルモンの減少と頭皮のコラーゲンへのダメージに対抗するスカルプケア成分をしっかり配合しています。薄毛が気になる、ボリューム、ハリ、コシ、ツヤがなくなってきたなど、髪や頭皮の悩みをもつ女性に満足できる低刺激な育毛剤ではないでしょうか。

リジュンの口コミ情報

リジュンは、発売されてまだ間がありませんので、口コミは多くありませんが、どんな評価がされているのか、気になりますよね。

口コミに多いのは、髪の根元がしっかり立ち上がるようになったことです。実際に私も頭頂部のボリュームが出てきたのは感じています。平均すると2ヶ月経過したころから、髪のハリ・コシがでてきたという口コミが多いようです。

ボリュームアップ効果は感じますが、まだ期間が短いこともあり、髪が太くなったという口コミはありません。

続いて、高評価だったのが、育毛剤の使用感ですね。

  • 匂いがなくべたつく事もないので使いやすかった。
  • 肌がデリケートな女性でも安心して使えました。
  • 乾燥がちだった頭皮が、みるみる潤ってくるのが分かりました。

このように、女性のために研究されたスカルプケア成分だけを配合しているリジュンは、頭皮のトラブルを心配することはなく、使い続けて安心できる育毛剤と評価できますね。

いまのところ、悪い口コミはほとんどないようですが、これからスプレー式の欠点や返金保証についての不満は、もしかしたら出てくるかもしれません。もちろん、即効性を求める人が効果なしという評価もくだすこともあるでしょう。

女性の薄毛の原因の一つ、女性ホルモンの減少については、適度な運動と睡眠、ストレス、生活習慣等を改善することで、ホルモンバランスを整えることが可能です。育毛剤だけでなく、そういった普段の生活を変えることが、効果を上げるためには必要です。

▼女性用育毛剤リジュンの詳細・・・▼

リジュン公式サイトはこちら

シェアをお願いします。


コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。