1. ホーム
  2. AGA治療
  3. ≫AGA(男性型脱毛症)とは

AGA(男性型脱毛症)とは

AGA(男性型脱毛症)

AGAとはAndrogenetic Alopecia(アンドロ ジェネリック アロペシア)の略で、いわゆる男性型脱毛症のことです。
日本人男性の3人に1人はAGAと言われており、男性ホルモンが薄毛の原因に大きく関与しています。

この男性ホルモンにはいくつか種類があります。
男性ホルモンの9割ほどを占めているのが、テストステロンです。
他には、アンドロゲン、テストステロン、ジヒドロテストステロン、デヒドロエピアンドロステロン、アンドロステロン、アンドロステンジオン、卵胞刺激ホルモン、性腺刺激ホルモン放出ホルモンなどがあります。


AGAのメカニズム

このホルモンの中でAGAの主な原因の一つとしてテストステロンとジヒドロテストステロン(DHT)が影響していると言われています。

テストステロンが、皮脂腺より分泌される還元酵素Ⅰ型5α-リダクターゼⅡ型5α-リダクターゼと結合することによって、悪玉脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。

このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞にある受容体(AR)と結合することで、毛細血管の収縮や毛母細胞の働きを抑制するために、髪の成長が阻害され、抜け毛が増えてくるのです。

還元酵素の5α-リダクターゼの量が多い人ほど、ジヒドロテストステロンに変換されやすくなるため、AGA(男性型脱毛症)なりやすくなるということです。

ジヒドロテストステロンを阻害するために

現在AGA対策・治療の基本は、ジヒドロテストステロンを減らすことです。
そのため、5α-リダクターゼを阻害すれば薄毛の改善も可能と考えられ、フィナステリドという成分が注目されているのです。

フィナステリドといえば、プロペシアやフィンペシアに配合されています。本来はお医者さんで処方してもらうものですが、最近は個人輸入代行で購入している人も多くなりました。本来は、副作用のこともありますし、きっちりとした血液検査もしておくべきで、専門の病院で診察してもらうべきです。

フィナステリドとは

Ⅱ型5α-還元酵素阻害薬と呼ばれるもので、男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンに変換させる酵素(5α-リダクターゼ)の働きを除去するものです。
なお、5α-リダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類あって、頭頂部や生え際の薄毛と関係しているのはⅡ型5α-リダクターゼのほうです。
フィナステリドは、薄毛の主要原因であるジヒドロテストステロンが減らすことができますので、乱れたヘアサイクルの成長期を正常にすることができます。成長期が伸びれば、髪も徐々に太くなってくるわけですね。

もともとは前立腺肥大症の治療薬でしたが、「毛が生えた、増えた」という患者の報告が多く、育毛薬として開発されたのがプロペシアなのです。

プロペシアとフィンペシア

プロペシアとフィンペシア

薄毛治療としてお医者さんで処方されるのはプロペシアが多いと思います。最近、ジェネリック版として厚生労働省から認可されたファイザーも出てきました。

フィンペシアは同じフィナステリドが配合されていますが、インド製がほとんどで通販を通して購入できます。他にもエフペシア等も同じです。

プロペシアのジェネリック医薬品として、新たにフィナロイドも発売され、格安なこともあり注目されています。

フィナステリドは、Ⅱ型5αリダクターゼのみに効果がありますが、Ⅰ型、Ⅱ型の両方に効果があるとされるデュタステリド(アボルブやザガーロ)も使用する病院も増えてきました。

AGA専門のクリニックだけでなく、最近は皮膚科の病院でも薄毛治療を受け付けていて、私の回りでも複数人飲んでいますが、確かに少し改善がみられる人もいます。

とはいえ、かなり薄毛が進行すると難しくなりますので、抜け毛・薄毛の症状が少ないうちにAGA治療を始めることが大切なのは間違いありません。

シェアをお願いします。


AGA治療育毛豆知識 コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。